フェブリク錠ジェネリックが最安値で買える通販はこちら♪

フェブリク錠は通販で安く買うことはできませんか?毎月、薬をもらうだけのために病院に通院するのは大変です。薬も高くて大変なので、、

こんな質問に答えた記事です。

この記事には次ようなことが書かれています。

・フェブリク錠のジェネリック(フェブダス80㎎)が海外の個人輸入から買える
・最安値はオオサカ堂
・1錠あたり約54円で買える
・サイズが大きい(80㎎)ので、カッターで分割して服用
・大きさが40㎎品も買える・・・少し割高
・日本製(帝人製)の20㎎品も買える・・・だいぶ割高

フェブリク錠のジェネリック品が最安値の通販はオオサカ堂

フェブリク錠ジェネリック(フェブタズ80㎎)が最安値で買える通販はオオサカ堂です。
オオサカ堂ではフェブリク錠ジェネリック(フェブタズ80㎎)2箱100錠が5,393円(送料無料)の最安値で購入することができます。
フェブタス80㎎は大きいので20㎎服用の時はピルカッターで4等分して、20㎎の大きさにして服用しています。


商品名:フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク) 【1箱50錠】
販売価格:
 1箱 3,270円
 2箱 5,443円
送料:無料
製造メーカー:Sun Pharma Laboratories Ltd
販売サイト:オオサカ堂
発送元:シンガポール

>>フェブリク錠ジェネリックが最安値の通販はこちら

フェブリク錠の40㎎を購入したい時は

フェブリク錠のジェネリック品の40㎎品がオオサカ堂で販売されています。
20㎎で服用する場合は1回のカットで20㎎になるので、カットの手間は省けます。

ただし、値段は80㎎品と比べて少し割高になります。

商品名 値段 20㎎あたりの
値段
フェブタズ80㎎50錠2箱 5,443円 約14円←安い!
フェブタズ40㎎100錠 4,054円 約20円

値段は5月19日現在の値段です。値段は為替の影響で変化しますので、最新価格は公式サイトで確認してください。

フェブリク錠20㎎を通販で購入したいときは

フェブリク錠20㎎はファミリーファーマシーグローバルという通販サイトで買うことができます。
このフェブリク錠は日本製(帝人製)のフェブリク錠になります。
日本製なら海外製と比べて安心?という声があるかもしれませんが、
値段がそんなに安くありません。
70錠で12,194円(送料無料)になります。
1錠あたり174円です。
これなら海外製の40㎎品を半分にカットするとか80㎎品を4分の1にカットして服用した方がお得かと思います。


商品名: フェブリク錠20mg 70錠(14錠×5)
販売価格:12,194円
送料:無料
発送元:シンガポール
製造元:帝人ファーマ 株式会社
販売サイト:ファミリーファーマシーグローバル

>>フェブリク錠20㎎の購入はこちら

自己紹介

私は30代後半の女性で会社員です。

ずっと営業職なので飲み会が多くビールも日々飲んでいますし巷で言う御馳走も沢山食べる機会があります。

父親が痛風で苦しんでいたので大変さは身にしみていたのですが自分は女性なので痛風にならないと思い込んでいたのですが痛風の痛みというのは、ある日突然襲って来るのでした。

取引先との飲み会が金曜日にありその後深夜に自宅に帰ってお風呂に入り温まったところで家族の洗濯物を畳んでいました。

明日は、休みなのでゆっくりとドラマを観ながら作業していると急に足の指の付け根ら辺に痛みが走りました。

凄く痛くて声が出るほどでしたがよく見ると何だかその痛い部分が赤く腫れているので心配になりましたがしばらくすると痛みが治まりました。でも、また夜中痛みが襲ってきました。

父親が痛風だった事もありまさかと思って翌日土曜日の午前だけ空いているかかりつけの内科で相談すると最近は女性も痛風になる人が増えているという事で早速検査をしてもらいました。

尿酸値が高くなっていてがっかりしたのと同時に不思議だなと思ったのは、毎年一回受けている会社の健康診断では言われた事がなかったことです。

医師によると現代の痛風は、プリン体多めの食事以外にも原因になる要素が多く特に女性で痛風になる人は、ホルモンの変化や肥満体、そしてストレスなどが引き金になる人も多いんだそうで納得がいきました。

最近は、会社での立場も徐々に後輩を指導する立場になり上からの重圧や家族の問題などで毎日気持ちが休まる感じが無くずーっと全力疾走しているイメージだったからです。

そして、年齢とともにホルモンバランスが乱れて生理の周期が短くなってかなり間隔があいたりして閉経の準備をしているのかなと感じていたのです。

そうは言っても、すぐに原因となる要素を取り除けないので投薬治療を始めました。

診察当時は、痛風の発作がまだあったのでその発作を抑える薬で落ち着かせてその後、尿酸値を下げる薬を飲みつつ食生活を改善するように言われました。

医師によると症状が落ち着いたからと言って油断するとまた症状が出ると言われて小心者なので気を付けて生活しているためかその後発作は出ていません。

取りあえず、ビールは、しばらく止めてなるべく早く帰宅できるように調整しました。

肥満も解消すべく休日は、外に出て歩くことを増やしています。

フェブリク錠の添付文書は

フェブリク錠の添付文書はこちらで見ることができます。
長く飲んでいる方も多いと思いますが、念のためにたまには確認しておいたらいいと思います。

フェブリク錠の市販薬はあるか?

フェブリク錠は処方箋が必要な医薬品で、OTC医薬品や市販品はありません。

痛風に効く市販薬はあるか?

痛風の痛み止めは市販品がありますが、
フェブリク錠のような尿酸産生抑制薬、
コルヒチンの痛風発作の緩解及び予防する薬の市販品はありません。

まとめると

・フェブリク錠のジェネリック(フェブダス80㎎)が海外の個人輸入から買える
・最安値はオオサカ堂
・1錠あたり約54円で買える
・サイズが大きい(80㎎)ので、カッターで分割して服用
・大きさが40㎎品も買える・・・少し割高
・日本製(帝人製)の20㎎品も買える・・・だいぶ割高